SAKURA様のAIチャットボット事例

FAQチャットボットの活用で内部処理時間を短縮し、顧客サービスの効率性の向上の成功

SAKURA様はGoing Cloudと提携し、AI チャットボットを導入し、カスタマーサービスの応対時間が 3 分の 2 に削減され、95 %の回答精度率を達することで大幅なサービス効率の向上と優れた顧客体験を実現した事例を紹介します。

About

SAKURA

SAKURA様は台湾の大手キッチン家電ブランドで、レンジフード、食器乾燥機、ガスコンロなど、快適なキッチン空間を実現するさまざまな製品を提供しています。

Challenge and Solution

社内データへのアクセス効率化: 高度なチャットボットで問合せ対応時間を短縮

SAKURA様の顧客サービススタッフは、複雑な内部データの照合に多くの時間を費やしていました。同社はこの課題に対処するため、またAIチャットボットの台頭にも伴い、内部情報のアクセス性を向上させることを目指しました。Going Cloudと連携して、SAKURA様はAWS LexとKendraを使用してチャットボットサービスを実装し、迅速な内部データ取得を可能にすることで、顧客サービススタッフの対応に要する時間を短縮しました。Going Cloudは既存のデータをクリーニング・変換し、自然言語処理と機械学習モデルをチャットボットに統合し、正確な応答とシームレスなユーザーエクスペリエンスを実現しました。

Solution Architecture

AWS Lex & Kendra を活用したメッセージングと情報検索の最適化

Result
AIチャットボットで効率を66%向上、精度95%を達成

本AIチャットボット導入後、SAKURA様は問合せ対応時間を 3 分の 2 に短縮し、応答精度も 95 %に達することに成功しました。これにより、サービスの効率性が向上しただけでなく、消費者体験の向上にもつながりました。また情報アシスタントとしての活用が更に強化されるよう、本チャットボットへのアップデートと最適化を継続しています。

back iconBack to Top icon
Top